教科書リストで安く簡単に買える教科書マーケットプレイス

HOME 東京大学 教養学部
リー群と表現論

学部・学科からさがす

大学からさがす

リー群と表現論

小林 俊行,大島 利雄

中古の最安値

16%OFF

¥4800

(定価¥5724)

※これは2014年4月1日現在の中古の最安値なので、今後変更される可能性があります。

出版社

岩波書店

出版日

2005/04/06

ISBN10

4000061429

ISBN13

9784000061421

ページ数

610ページ

関連する教科書


本の内容

リー群論・リー環論は19世紀に生まれ、それらの表現論を通して、現代数学のほとんどすべての分野を結びつける中核として発展してきた。本書では数学や数理物理の広範な読者を対象として、単に知識を伝えるだけでなく、理論の本質的部分や、どうやってそれが生み出されたかを、行列群などを用いた豊富な例を通して解き明かすことに力点をおいている。前半では、位相群の表現論を解析学の重要な結果と並行して解説。そして、リー群・リー環・等質空間・同変ファイバー束を初歩から詳述する。後半では、有限次元表現のカルタン‐ワイル理論(代数的理論)やボレル‐ヴェイユ理論(幾何的理論)を論じ、さらに無限次元ユニタリ表現の構成について基本的な考え方を紹介し、リー群と表現論の最先端を展望する。岩波講座「現代数学の基礎」『Lie群とLie環1、2』からの単行本化。