教科書リストで安く簡単に買える教科書マーケットプレイス

HOME 早稲田大学 教育学部
超高圧変成作用起源のダイヤモンド

学部・学科からさがす

大学からさがす

超高圧変成作用起源のダイヤモンド

小笠原 義秀

中古の最安値

¥2057

(中古価格¥2057)

※これは2014年4月1日現在の中古の最安値なので、今後変更される可能性があります。

出版社

早稲田大学出版部

出版日

2009/04/27

ISBN10

4657094033

ISBN13

9784657094032

ページ数

112ページ

関連する教科書


本の内容

大陸プレートの深部沈み込みとH2OとCO2が決めたダイヤモンドの形成。本書は、著者による研究成果をもとに多くの実例を紹介しながらダイヤモンドの成因論の一つに関して詳細に解説したものです。書名に用いられている“超高圧変成作用起源”のダイヤモンドに関する世界で唯一、かつ最も詳しい解説書です。また、専門家以外の読者にもダイヤモンド研究の意義とその魅力を理解してもらえる内容も含まれています。肉眼で観察できない微細なダイヤモンドにも大きな科学的輝きがあります。天然のダイヤモンドには4つの起源が知られています。地球のマントル深部で億年単位の長時間をかけ“熟成”されてつくられた宝石になるダイヤモンド。太陽系形成前から存在し、超新星爆発起源とも考えられている微細なダイヤモンド。隕石衝突で発生する一時的な高圧条件下でできたダイヤモンド。そして、本書で取り上げる大陸プレートのマントル深部への沈み込み過程でつくられた超高圧変成作用起源のダイヤモンドです。いずれもまだまだ沢山の謎が残されています。プレートがマントルに沈み込むときに起こる大陸衝突にともなって地球表層物質も深部に運び込まれ、ダイヤモンドをつくり、それが地表に再び戻ってきた産物がダイヤモンドを含む超高圧変成岩です。顕微鏡を使って初めて見ることができる美しいマイクロダイヤモンド結晶の世界。いったいこのようなダイヤモンドはどうやってできたのでしょうか。本書では、変成作用起源ダイヤモンドの代表であるカザフ共和国コクチェタフ超高圧変成帯産のものを取り上げその特徴を詳しく紹介し、その成因を形成環境の観点から論じています。とても奇麗なマイクロダイヤモンドの顕微鏡写真が多数掲載され、極めて高いダイヤモンド含有量をもつ岩石も紹介されています。大陸起源物質がプレート運動に伴ってマントルに沈み込むときにどのような要因がダイヤモンドの形成を制御しているのか、その一端を理解することができるでしょう。ダイヤモンドとその関連研究が、プレートテクトニクススケールの地球物質大循環の解明につながり、地球の大きな謎解きに結び付くこともわかるでしょう。宝石としてだけではなく、地球内部の様子や地球物質大循環の一面を知る大変重要な手がかりとして、ダイヤモンドは惑星地球がその謎解きのために私たち科学者に贈ってくれた大切なプレゼントなのです。