教科書リストで安く簡単に買える教科書マーケットプレイス

HOME 早稲田大学 教育学部
ニュース英語パワーボキャビル4000語

学部・学科からさがす

大学からさがす

ニュース英語パワーボキャビル4000語

小林 敏彦

中古の最安値

85%OFF

¥294

(定価¥2052)

※これは2014年4月1日現在の中古の最安値なので、今後変更される可能性があります。

出版社

語研

出版日

1998/08/21

ISBN10

4876154171

ISBN13

9784876154173

ページ数

406ページ

関連する教科書


本の内容

新聞・雑誌・放送の各メディアより精選したニュースから、時事英語に頻出の必須語彙4000語を収録しました。政治・国際関係・医学などテーマ別に分類し、意味のつながりをもとに関連する語彙をネットワーク化。複数の語を結びつけて一度に覚えられるので、効率のよい学習が可能です。≪はじめに≫ 今日の世界をめぐる情報通信網の発達はめざましく、私たちは衛星放送でBBC、CNN、ABCなど世界の主要英語ニュースに簡単に接することができます。またインターネット上には世界各国の新聞や雑誌の紙面が無料で提供されています。 世界各地のニュースに瞬時にしてアクセス可能な時代となり、英語の学習には申し分ない環境が整いつつあります。一般の市販教材だけで英語学習を進めている学習者は、温室で栽培されている植物と何ら変わりありません。スクスクと育ってもたくましさに欠けます。学習者のレベルなど全く考慮していない生の英語(living English)に立ち向かう体力が育たないのです。同様に、教室で学習者のレベルに合わせた話し方をするネイティブ・スピーカーの英語だけを聞いていても早口のニュース英語やアメリカ映画を聞いて理解できるようにはなれません。生の英語を理解できるようになるには、生の素材(authentic materials)自体に根気よく接し続けなければならないのです。 生の英語とは、ネイティブ・スピーカーに向かって発信された英語のことを言います。その代表が新聞、雑誌、放送ニュース、映画などで、いずれもこちらの事情に関係なく一方的に押し寄せる英語を正確にとらえ、一瞬のうちに解読する力が聴解力(listening)と読解力(reading)で、これらは発信能力(receptive skills)に分類されます。これに発信能力(productive skills)である会話力(speaking)と作文力(writing)を含めた、いわゆる言語の4技能は豊富な語彙力(vocabulary)と正しい文法の理解(誤文識別力と造文能力)が前提となります。この2つの前提条件を無視して実用に役立つ語学力を身につけようとしても無理です。リスニングの特訓を重ね、音声的な聞き分けの力をいくら高めても、未知の語彙は永遠に理解できるようにはなりません。文脈(context)から意味を推測しようにも、十分な語彙力がなければ文脈ですら把握できずに終わってしまいます。語彙力が足りないまま、無理して難解な英文を読んだり聞いたりしてもやる気を失い、学習意欲は低下してしまいます。 本書は、新聞、雑誌、放送ニュースの頻出語彙を学習することで基本的な語彙力を強化し、英語の基礎体力づくりに役立てるための教材です。学習目標はニュース英語の理解に必須の4,000語を習得することに設定してあります。……<文章の続きは語研のホームページに掲載しております>