教科書リストで安く簡単に買える教科書マーケットプレイス

HOME 慶應義塾大学 商学部
はじめてのゲーム理論

学部・学科からさがす

大学からさがす

はじめてのゲーム理論

川越 敏司,川越敏司

中古の最安値

42%OFF

¥535

(定価¥929)

※これは2014年4月1日現在の中古の最安値なので、今後変更される可能性があります。

出版社

講談社

出版日

2012/08/21

ISBN10

4062577828

ISBN13

9784062577823

ページ数

224ページ

関連する教科書


本の内容

やさしいようで、実はけっこうややこしいゲーム理論。その上澄みだけを抜き出して、ビジネスに役立てよう!という本はたくさんありますが、それではゲーム理論の本当の面白さ、深さを味わうことにはなりません。人間が本来持っている理不尽さ、ずるさ、弱さ、そんな人間がつくる社会のさまざまな問題点をありのまま見つめて、モデル化していくことにゲーム理論の真骨頂があります。それらの問題を根絶しようと無理をするのではなく、問題と共存しながら、それらのリスクを抑えるためのルールをどうつくるかに知恵をしぼるのが、ゲーム理論という学問なのです。ナッシュ均衡とパレート効率性のジレンマ、それを克服するためのメカニズム・デザイン、さらに理想のルール設計は不可能であることを示唆する不可能性定理。豊富な実例とともにこれらの言葉を理解し、本当に社会や人間とかかわりあえるゲーム理論を身につけてほしい。そんな著者の真摯な思いがほとばしる一冊です。