教科書リストで安く簡単に買える教科書マーケットプレイス

HOME 慶應義塾大学 経済学部
費用・便益分析 公共プロジェクトの評価手法の理論と実践

学部・学科からさがす

大学からさがす

費用・便益分析 公共プロジェクトの評価手法の理論と実践

アンソニー・E. ボードマン,アイダン・R. ヴァイニング,デヴィッド・L. ワイマー,デヴィッド・H. グリーンバーグ

中古の最安値

76%OFF

¥1800

(定価¥7776)

※これは2014年4月1日現在の中古の最安値なので、今後変更される可能性があります。

出版社

ピアソンエデュケーション

出版日

2004/12/01

ISBN10

4894716739

ISBN13

9784894716735

ページ数

673ページ

関連する教科書


本の内容

日本でも一般的になってきた「費用・便益分析」。この手法を本当に必要とするパブリック・セクターの職員に対する体系立てた概説書。概論、CBAの基礎、影響の評価、関連する方法と正確度の4部構成で丁寧に解説する。