教科書リストで安く簡単に買える教科書マーケットプレイス

HOME 京都大学 経済学部
企業分析入門

学部・学科からさがす

大学からさがす

企業分析入門

クリシュナ・G. パレプ,ビクター・L. バーナード,ポール・M. ヒーリー

中古の最安値

45%OFF

¥2800

(定価¥5184)

※これは2014年4月1日現在の中古の最安値なので、今後変更される可能性があります。

出版社

東京大学出版会

出版日

2001/12/17

ISBN10

4130421123

ISBN13

9784130421126

ページ数

640ページ

関連する教科書


本の内容

   財務分析のハウツーを、ひと目で読者に理解させようと意図した本は多い。けれども実際に年次報告書を用いて企業評価を行う際に、そうした入門書から得られる知識だけでは、歯が立たなかった経験を持つ人も少なくないだろう。    国際企業の年次報告書には、圧倒的な量のフットノートが含まれる。そうしたディスクロージャー・パッケージから必要な情報を採取し、企業のメッセージを読み取ることは容易ではない。割引キャッシュフロー・モデルを提示し、財務分析にとどまらず経営戦略の視点まで織り込んだ本書は、コンベンショナルな比率分析を超えて、将来指向的な企業分析にまで、スポットを当てている。    本書は全17章、序論は「分析と評価のフレームワーク」の考察から始まり、第2部の「分析の道具」、第3部の「分析の応用」というテーマが、各章に振り分けられ詳説されている。原書は気鋭の会計学者3名の執筆によるもので、1996年の初版刊行以来、学会からはメダルを授与され、すでにこの分野の「事実上標準」と呼べるテキストになった。  「財務諸表を使ったビジネス分析とバリュエーション」という原題のもと、最新の研究成果を反映したこの第2版では、会計的なアプローチを補って、新たに5つの章が加えられた。初版から引き継がれたハーバード・ビジネススクールのケースに加え、実在企業の最新のケーススタディが収められていて興味深い。邦訳は複数の大学教員により分担され、斎藤静樹東大教授の監修を受けており、緻密なものだ。    タイトルにこそ入門とあるが、原書は1000ページ以上の大著であり、邦訳も600ページを超える。本書から最大限の成果を引き出すためには、あらかじめ財務や会計の知識を得ていたほうが良かろうが、いかにもアメリカのテキストらしい網羅性のゆえに、企業分析のフィールドに広くなじむための格好の1冊に仕上がっている。長く書棚に留め置かれ重宝されることは間違いない、本格派の読者のためのハードカバーだ。(任 彰)

関連するキーワード